無料ブログはココログ

« 「失敗の本質」がダメな理由 震災編 | トップページ

2011年9月 3日 (土)

大蔵省復活内閣

 菅政権が終わって新たに野田政権が誕生したが、雑誌等では勝財務省事務次官の内閣であると記載されているが、組閣を見るとこれは事実のようである。

 財務大臣に安住氏、経済財政担当に古川氏では、大蔵省が裏で復活していたものが、堂々と表でも復活したとしか思えない。

 大蔵省の悲願である財政均衡これを実行するための道筋を作るのが、この内閣の仕事である。

 前に、高橋洋一氏の書籍で城山三郎氏の「男子の本懐」を研修で取り上げたというのを読んだが、大蔵省にとって高橋是清は間違った大蔵大臣であり、井上準之助が正しい大蔵大臣という感想であったが、今後は誰が井上準之助の役割を果たし、デフレ下の増税という引き金を引くのかというのかという点だけになった。

 歴史に悪名を刻むのは、安住氏なのか、その後の財務大臣なのかでしかない・・・・。

« 「失敗の本質」がダメな理由 震災編 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大蔵省復活内閣:

« 「失敗の本質」がダメな理由 震災編 | トップページ

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30