無料ブログはココログ

« 太平洋戦争の呼び名 | トップページ | 日本は勝てる戦争になぜ負けたのか 新野哲也著 »

2010年12月25日 (土)

民主党の失敗 政治主導

 民主党は政治主導という言葉を短絡的に捉えた事により失敗した。
 政治主導とは、官僚否定で国会議員を各省庁に送り込む事が政治主導であると勘違いしている点にある。
 この間違いは、20年位前に書かれた前川レポートと同じ誤りである。
 前川レポートの誤りは、長期雇用される社員を経営幹部社員と規定していた点にある。
 このレポートのスタッフ名簿は知らないが多分企業の経営幹部社員や経営幹部候補社員により書かれたと推測される。
 「俺達は優秀なので企業は長期雇用すべきである」という独り善がりの視点が存在する。
 アメリカは全て短期雇用で長期雇用など存在しないという伝説があるが、実際は長期雇用が存在する。
 日本で言う所の万年係長やお局様が長期雇用されるのである。では経営幹部や経営幹部候補はどうなっているのかと言うと専門職と見なされ短期雇用を繰り返し真の経営者としての適性を向上させるのである。
 故に経営幹部層は短期雇用であらゆる経験を重ねより高い経営者としての資質や視点を磨いて行くのである。
 即ち、2種3種採用試験で採用される公務員は長期雇用とし、1種採用試験で採用される公務員を短期雇用とするのである。
 即ち1種採用試験を採用試験から資格試験にし、政策秘書試験とも統合し、司法試験合格者・税理士・公認会計士にも資格を付与し、1種採用試験合格者と同様の人々をダブつかせるのである。
 しかし、ダブつかせるだけではだめで、真の政治主導を実現する為に政党系シンクタンクを作る事である。
 組織を運営する為にはスタッフはかかせない。
 このスタッフ育成機関が政党系シンクタンクが役立つのである。
 このスタッフを民主党は国会議員を送り込む事で成立させようとしたが、国会議員の第一の仕事は選挙に受かる事である。この為、国会議員は選挙を思考して官公庁に乗り込むので、結果的には自民党時代より悪辣な族議員にしかならいし、1年生議員は受かった事に浮かれ、自分の何の勉強もしていない政策を適当に官公庁に示しより官公庁を混乱させる役割しか果たさなくなる。
 この点が良く分からない民主党の1年生2年生議員達が反小沢という、官公庁の混乱と日本の破壊を目的とした人々に取りこまれ現在の官政権の中心である団塊世代と団塊世代をメンターにする人々に取りこまれ団塊世代の目的である日本国破壊活動に従事する事になった。
 小沢氏の言うように新人議員や当選2回目の議員の仕事は選挙に受かる事である。
 選挙地盤の安定が政策実現の為の強い原動力になるのである。
 小沢氏の強みも選挙地盤の強さが背景にある。官政権の面々の弱さは選挙地盤が弱い為大衆迎合やマスコミに悪く書かれたくないとの思いから官僚主導になるのである。
 この典型が現在もグラビアタレント議員である。
 このグラビアタレントは今でもテレビ映りが主体である。
 テレビに取り上げられ恰好よくテレビに映ればそれで良しとした結果が、事業仕分けである。
 仕分け最中はテレビに恰好よく映るので、その後の本当に事業がどうなるのかはどうでもよいという結果が事業仕分けである。
 事業仕分けとはグラビアタレント議員のイメージアップの為に税金を使って行われただけの活動である。
 もし、本当に事業仕分けをする為には官僚と同程度の勉強をし、政策の隅々まで知っている信頼のおけるスタッフを手元に置かなければ出来ないのである。
 これは企業も同様である。
 故に国家に官僚あり、企業に民僚ありなのである。
 政治主導とは、政党系シンクタンクを作り、ある意味政僚ともいうべき代議士の為の官僚を作る事が政治主導を行う為の最低条件なのである。
 これはみんなの党の渡辺代表の言う通り行っても政治主導は実現せず、あくまでも政党系シンクタンクを作り数千人のスタッフを抱える事で初めて実現する話である。
 官僚を政僚にする事が政治主導の実現の為の唯一無二の方法なのである。
 そしてこれが進んで行くと二大政党制が実現していく唯一の方法でもある。
 無数の政策は戦われる事で二種の政策に収れんされ、最後にベストな選択としての政策が実現される時、ベストな政策を出した政党が政権を取り、その政策の誤差修正を行う時、野党が修正する為に政権を取る。
 連立政権の問題点は収れんもなにもされず、あいまいなまま時間だけが流れていく事になる。
 これが小泉以降の自公連立政権の正体であり、現在の民主党政権である官内閣の正体である。
 これは単なる権力互助機関でしかなく、権力互助機関であるため、官総理の様に官房機密費で高級料亭通いをしたいという団塊世代としか言いようのない人が内閣総理大臣になれるのである。

« 太平洋戦争の呼び名 | トップページ | 日本は勝てる戦争になぜ負けたのか 新野哲也著 »

コメント


つゆだくうまうまッ!!(*゚∀゚*)
栗ちゃんペロリーヌしてたら滝みたいにラヴ汁流れてきたっすー!!
どんだけ舐めても止まらないから、俺がキッチリ栓しといたよ♪


さすがG、ド迫力だ…お風呂入ったら湯にいてんのな!
俺、ガマンできなくて即行ぱふぱふさせてもらったぜ(笑)
しかも顔に発射したんだけど、嬉しそうに俺液なめてた件wwww


オレの工ッ千が必要とされる時代wぱねェww
女もやっぱ欲しい時ってあるモンなんだな・・・
この前ガンバりすぎて失ネ申させちったから、今回は控えめにいこうww
http://mo1j66s.gim.uerock.net/


だってねぇ、延々ぶっ続けなんだよ?4時間も。
そりゃ俺も限界来るだろ。ねえ?来るだろ?!
ホ〒ノレ出た時にはもう足月要ガクガクだったわ……
http://jasdavis.com/03/n-790c0/


えっ?!えっ!?これが中の感触?!
すげええ!!!これがホンモノなんだ!ぎんもぢいぃぃいい!!!
これハマるわ!マジクセになるわ!!たまんねぇ♪
http://c3pgzqr.gim.uerock.net/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の失敗 政治主導:

« 太平洋戦争の呼び名 | トップページ | 日本は勝てる戦争になぜ負けたのか 新野哲也著 »

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30