無料ブログはココログ

« 理工科系大学並び理工科系専門学校に公費負担を | トップページ | 団塊世代内閣 官内閣 »

2010年12月18日 (土)

北朝鮮 これから・・・

 今、北朝鮮周辺がきな臭い状態である。しかし、これはクリントン政権時代に決定していた事態である。

 この状態をミューヘン会議=キューバ危機の法則(自称)という。

 第二次世界大戦が終了したとき、チャーチルは第二次世界大戦の意味を聞かれ「無意味な戦争」と答えた。

 「ミューヘン会議の時、我々がヒットラーに対して戦争を決意すれば防げた戦争である」とチャーチルは答えた。

 このミューヘン会議を大学院時代に研究したケネディーは「戦争をブラフに使うものに対して最も有効な手段は、こちら側も戦争を決意するしかない」という結論を得たケネディーは、キューバ危機の折に戦争をちらつかせたソ連に対して戦争を決意することでキューバ危機を乗り切った。

 戦争をブラフに使うものに対しては、こちら側も戦争を決意するしか戦争を防ぐ手段は存在しないことを明らかにしたのが、チャーチル=ケネディー式(自称)といい、逆に相手側が戦争をブラフに使うときに戦争に怯えて相手側の言い分を聞き、相手はより強力な戦争をブラフに使用し、最後にはこちら側が耐えきれなくなり、悲惨な戦争を生み出すのをチェンバレン=クリントン式(自称)という。

 現在の事態は、クリントン政権時代に決定していた事態である。

 この意味で言えば、金正日は正当なるヒットラーの弟子といってよい。

 この状態の解決策は、一つしか存在しない。

 北朝鮮における中国を主導としたクーデターを起こし、長男による政権の樹立が、中国・ロシア・韓国・アメリカにとってベストの解決策である。

 中国・ロシアにとっては、アメリカ軍が国境を接することはない。

 韓国にとっても統一した朝鮮半島は悲願であるが、現在の北朝鮮を抱えてもメリットは一切存在しない。

 アメリカにとっても、中東で問題を抱えているのにアジアでも戦争を抱えるメリットは存在しない。

 この、中国による長男を政権につけるクーデターは、現状の国境ラインを変更する必要ななく、ついでに日本にパパが悪いことをしてごめんね、パパが拉致した人は返します。拉致をした人たちは処分しましたと言って三男の取り巻きを犯人にすればいい話で、ついでによど号の犯人も返しますと言われれば、何の政権維持能力も存在しない官政権(間違いではなくわざとである)は、この話に飛びつき横田親子の対面を政権浮揚の道具にするであろう。

 そして、日本は、北朝鮮との国交樹立と引き換えに巨額な戦前の賠償金を支払うことになるが、この賠償金は冷戦期のように、日本に還流する賠償金ではなく、日本を除く中国・ロシア・韓国・米国が食べる賠償金である。

 日本にとっては、大和朝廷以来の日本の安全保障の根幹は朝鮮半島に日本を侵略する企図の存在しない国家の存在である。

 日本が、戦争を企図する場合も、朝鮮半島を橋頭保とすることである。

 故に日本を侵略する企図も日本が侵略する企図も失わせる、朝鮮半島の南北分断は日本の安全保障上重要な点である。

 このクーデーターのデメリットは、日本に一切還元されない賠償金を支払うことである。

 故に日本にとってベストな選択は、現在の金正日政権の維持である。

 なぜならば、分断された朝鮮半島という安全保障上のメリットと賠償金を支払う必要もなく、ついでに国内にだぶつく専業農家の作った米とミニマムアクセス米を集団的援助という名目で処分することができるというメリットしか存在しないのである。

« 理工科系大学並び理工科系専門学校に公費負担を | トップページ | 団塊世代内閣 官内閣 »

コメント

とは言え現状で半島にあるモノは2つの国を騙るテロリストであると言う点には間違いない。
いずれにせよ姦酷はそう遠くないうちに中国に吸収される事になるでしょう。今の姦酷には中国から借りた金の償還なんて出来っこない。そうなれば中国が子分の北朝鮮に姦酷を丸投げという可能性も出て来る。しかし、この場合問題になるのが姦酷内の米軍基地だろう。中国やロシアにとっては米軍基地のある地域と国境を接しないと行けない訳だし。ジョンウン政権からすれば自地域内に米軍基地となる。この為米姦同盟の破壊の為に一層イアンフ騒ぎ工作に躍起になるでしょう。こうしてトランプをキレさせて在姦米軍撤退の流れを造る。止してその後は姦酷の北朝鮮への吸収でしょう。そうなれば姦酷の貧民達が北朝鮮の配給を食い潰す為に大移動を始めるでしょう。日本としては1965年の日韓条約で北朝鮮への金は姦酷に纏めて支払い済みなので無視で。元々、李氏朝鮮は自ら進んで日本に併合して貰った訳だから日本が謝る事も賠償もする義務もありません。依って放置で全く構いません。
ソレよりもジョンウンは配給目当てで南から押し寄せる貧民達への対応で精一杯でしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮 これから・・・:

« 理工科系大学並び理工科系専門学校に公費負担を | トップページ | 団塊世代内閣 官内閣 »

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30