無料ブログはココログ

« 「失敗の本質」がダメな理由 | トップページ | 文科系リストラ »

2010年6月12日 (土)

政治主導から官主導

 政治主導を目指した鳩山政権は、平野官房長官の稚拙さと前原大臣の完全無欠の無能さと仙石大臣による鳩山降ろしと民主党支持率落としが働き、菅政権になろうとしているが、この政権は名前は菅でも中身は官という政権の為、鳩山政権が潰れてからの新聞社・テレビ局は余りにも嬉しくて堪らないという報道を行っていた。
それはそうだろう。
官政権であるため、官房機密費は官僚と記者クラブ記者の為の付け回しの種銭や住宅ローンに使える掴み金に戻ったので嬉しくて堪らない気分である。
しかし、この鳩山辞任報道も2種類の見方があるようで、新聞社・テレビ局に近い人達は鳩山が小沢を切ったと報道し、フリージャーナリストは小沢が鳩山を切ったと報道しており、反小沢と言われた面々は官僚・新聞社・テレビ局のポチの為か官僚サイドの報道を信じて動いているようであるが、これは、直ぐに分かる話である。
 官政権であれば、放送法改正案は可決か審議継続であるし、官政権でなければ審議未了廃案である。
 現在の日本政治の癌は新聞社とテレビ局の二つである。
 この為、官僚による官僚の為の政治に邁進した前原・北沢の各大臣は、どれ程の無能さを示しても、悪口は出てこないのである。
 それにしても自民党は情けない党である、元々お坊ちゃまと出来の悪い役人しかいない政党であるが、叩き所満載の前原を一切叩けないのである。
 しかし、自民党にもチャンスはある。
 今度の内閣には事業仕分けで「(中国が一番になるのだから)二番でいいでしょ」といった中国のスパイ大臣が出てきたのである。
この大臣から是非()内の本音を正直に国会の場で明らかにしてもらいたいものである。
 それが出来ないようでは、自民党の現在の代議士は、一族全員で自殺すべきである。
 それにしても鳩山政権は検察と国税と仲良くする事ができなかった事が残念である。
 検察と国税を握れば、例え財務省とでも喧嘩は可能であるが、検察と国税を敵に回しては勝てる戦はない。
 鳩山政権のミスは、政策を実行しようとした点にある。
 特に世界政治史上最も無能な政治屋前原は、何処まで無能なのかと思われる行いであり、前原の様な人を底の割れた無能と言うのであろう。
 何故ならば、どのような政策であろうと時間はかかるのである。
 この為、新政権が最初に行うのは前政権の悪政の洗い出しである。
 これで数年は時間稼ぎが出来るのに、鳩山政権はこれを行わなかった為、政権が潰れたのである。
 それにしても国民の人気が高かった長妻氏は、久しぶりに発言を聞くと「厚生労働省のポチの長妻です。厚生労働省の官僚様の為に精一杯天下り先の確保に勤めます」としか聞こえない台詞を言っていた。
 子供手当を現金で支払うという考えには、基本的は間違いではなく、方法に過ちがあっただけである。
 保育所建設では、中抜きが発生し天下りや富裕層に金が流れるだけである。
 しかし、貧乏な人に金を直接ばらまくと殆ど全額が消費に向かうので、経済に対する効果は高い。
 自民党の方式では、金は主に富裕層に流れ、富裕層は消費しないため、死に金を作ってきただけでしかない。
 故に中抜きされたお金が広告費という形で期待出来る新聞社・テレビ局は子供手当に反対するのである。
 経済の基本は、富裕層は消費しないから富裕層になったのである。これに対して貧困層は消費するから貧困層のままなのである。
 富裕層に金を持たせても貯蓄にしか回らないが、貧困層に金を持たせるとあるだけ使おうとするのである。
 この元貧困層の住家が六本木ヒルズという、貧困層の楽園であった。
 故に六本木ヒルズが消費の天国であったのは、ここの住人が貧困層故である。
 故に貧困層に金を直接配れば乗数効果は期待出来るが、公共事業という形にすれば、中抜きができ、官僚・新聞社・テレビ局という機関に税金が流れ込む事になるだけで国家に取って意味のない話でしか過ぎない。
 そもそも国会とは、保育園と見ればわかりやすいのである。
 国会議員という名前の園児達、官僚という名前の保育士さん、マスコミという名前のPTAが存在しており、自民党時代は園児達はおやつとお昼寝の時間が貰えれば保育士の言う通り動き、PTAも満足であったのだが、園児達の中で園児達の為の保育園作りを目指したのだが、園児だけでは園は運営出来ない為、恐い園長先生が園児達に自主独立と言い登場したら、園児達は園長先生がこわいと言い出し、今までは保育士さんが園児は保育士がいないとダメと言いPTAも園児には保育士さんが必要と言い出し、それに乗ったダメ園児達が、自主独立を言う恐い園長先生の追放に動いたのが今回の政変劇であるが、ダメ園児達がダメであることに変化はなく、参議院選挙で60議席を越えれば、ダメ園児内閣でも持つが、単独過半数が無理になれば連立政権になるため、恐い園長先生の復活になり、ダメ園児達の追放劇が起きるのかもしれない。

« 「失敗の本質」がダメな理由 | トップページ | 文科系リストラ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政治主導から官主導:

« 「失敗の本質」がダメな理由 | トップページ | 文科系リストラ »

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30